インドに呼ばれる人 インドの魅力を紹介

マハトマ・ガンジー

Home > マハトマ・ガンジー

マハトマ・ガンジー(ガンディー)

Mahatma Gandhi

モハンダス・カラムチャッド・ガンジー(ガンディー)
Mohandas Karamchand Gandh
i

ガンジー は非暴力の抵抗を通して大英帝国からインドの人々を解放しました。
インドの人々は彼の偉業を称えマハトマと呼ぶようになりました。
マハトマ・ガンジーの「マハトマ」とは偉大なる魂を意味する敬称です。



ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
真実と非暴力を信奉しつづけ、祖国インドの独立に生涯を賭したガンジー。民衆から聖人と慕われた偉大なる魂が、その激動の生涯を自ら語る。

マハトマ・ガンディー
Mahatma Gandhi ガンジーは、真実と非暴力にしたがって、社会改革に役立つために生涯を捧げました。
ガンジーには内面からくる威厳があり、人間の精神に宿る最高のパフォーマンスをしました。

インドの初代首相になったネルーがガンジーに対して「裸の体に腰巻きだけというあまり印象的ではない。いでたちにも関わらず、まわりの者が喜んでガンジーについて行きたいと思うほどの尊厳と威厳がガンジーにはあった」
ネルーはガンジーに感嘆していました。

また相対性理論を作り上げたアインシュタインもガンジーに対して
「未来の人たちは信じられないだろう。 このような人が地球上に実在していたことを 」 と言いました。


1869年10月2日
グジャラート州ポルバンダルで生まれる。

1888年(19歳)
ロンドンに渡り、ロンドン大学のユニヴァーシティ・カレッジで法律を学ぶ。

1891年(22歳)
法廷弁護士試験に合格する。

1893年(24歳)
南アフリカで弁護士として開業する。

1914年(45歳)
インド人の結婚を合法と認め、人頭税を廃止した。

1915年(46歳)
南アフリカからインドに帰国する。

1931年(62歳)
イギリスの指導者と会ってインド独立の理由を説明する。

1948年(79歳)
首都デリーで暗殺される。




ガンディーの言葉 (岩波ジュニア新書)
非暴力・不服従でインドを独立に導いた偉人として知られるガンディー。彼はどんな言葉で自分の考えを人々に伝えてきたのでしょうか。少年時代のエピソードから、彼の思想の中心であるアヒンサーや、手紡ぎ車の思想、宗教観、教育観まで、やさしいイントロダクションと豊富な訳註でその言葉をたどります。

ガンジー
ガンディー
ガンジーの言った下記の言葉が響きます。
【明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい】


このページのトップ


Home /


 インドについて  /                タージ・マハル / デリー / 

   インドの人口推移 /  インドの通貨 /              プラーナー・キラー /
   

  ジャイプル /

     風の宮殿 / アンベール城 / 水の宮殿 / ジャイガール城塞 /
                     


 インドの歴史 / インドの世界遺産 / マハトマ・ガンジー /






Copyrightc インド(india).com All rights reseved.